So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「音程感覚」を育てたい ギタリストのための1冊 [BOOK]

地味ですが、、、ギターが上手くなりたいすべての方におすすめです。

【主な効能】
・聴こえた音を即座にギターで弾くことができる
・思いついたフレーズがすぐに弾けるようになる
・音楽的でカッコいいアドリブ演奏ができる
・練習したフレーズを他の曲や違うキーでも使える
・自分流のフレーズやアイデアを加えてアレンジできる


ギター音程感覚トレーニング(CD付)上達に必要な「音程感」が養われる! (リットーミュージック・ムック)
nice!(0)  コメント(0) 

アコースティック・ギター・マガジン 2020年3月号 Vol.83 [BOOK]

ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE

◆THE INSTRUMENTS Kazuyoshi Saito×GIBSON USA in Nashville ~斉藤和義がギブソンUSA工場をチェック! (16ページ/WEB連動) 今号の表紙を飾る斉藤和義がナッシュビルのギブソンUSA工場へ行くということで密着取材を敢行。ギター製作に並々ならぬ興味を示す斉藤は、ネック・サンディングやサンバースト・フィニッシュの塗装工程に挑戦。そこまでやらせてもらえるの? という稀有なレポートをお届けする。また、新CEOのジェームス・カーレイとも邂逅し、現在のギブソンの方向性が垣間見えてきた。


nice!(0)  コメント(0) 

"All of Me" のTAB譜 [動画]

aNueNue のミニ・アコースティック・ギター(といっても、ちょっと小さいだけです)【Bird Guitar aNN-M2】でジャズ・スタンダードの「オール・オブ・ミー」を弾いてみました。



弦は軟弱なワタクシですので、ダダリオのカスタム・ライト EJ26(011、015、022、032、042、052)を使用しています。





※動画は【capo:2(2カポ)】で弾いています。

(↓)TAB譜はこちらです!!!

all of me.png
nice!(0)  コメント(0) 

"Petite Bossa" ---「小さなボサノバ」? --- を弾いてみた [動画]

【Petite】は英語でも使われるそうですが、もともとは仏語で、「小さい」を意味します。

研究社の新英和中辞典には「小さい、 (特に)〈女性が〉小柄の」と記されています。

【Bossa】は「ボサノバ」のことでしょうから、"Petite Bossa" は直訳すると「小さなボサノバ」……でしょうか?


nice!(0)  コメント(0) 

ジャズの「ノリ」を科学する [BOOK]

いわゆる4ビートジャズ(ザクっというと、モダンジャズ !?)のリズムで悩んでいる者は必読である。

筆者の科学的な検証のおかげで、なんとなく理解しているつもりになっていたことがクリアになった(ような気がする)。

目からウロコ……。

一言でいうと……八分音符をどんなタイミングで奏でるかの問題だ。

まだ全体の三分の一程度を読んだだけだが……。

あとは実際の演奏にどうやって結び付けていくかが課題だが……。

まあ、じっくりと考えてみよう。

ジャズの「ノリ」を科学する

ミュージシャンや時代による 8分音符のタイミングのちがいを 数値化・視覚化することによって、 モダン・ジャズを創ったC・パーカー「後ノリ革命」の 秘密をあざやかに解明! さらにその8分音符タイミングの変遷をたどっていくと、 ホーキンス、ヤングからパーカーへ、パーカーからマイルスへと 橋渡しされてきたジャズ発展の歴史が一目瞭然!
タグ: ジャズ ノリ
nice!(0)  コメント(0) 

このピックがいい! [GOODS]

Jim Dunlop Jazz III XL Ultex Jazz Pick】です。

Ultex という材質が、爪で弾いたようなサウンドを醸し出します。

滑りにくいのも良いですね。

通常の Jazz III よりも大きいのですが (XL) 、慣れればこれぐらいのサイズの方が指に(手に)なじみやすいような気がします。


nice!(0)  コメント(0) 

"Donna Lee" (ドナ・リー) でリハビリ (Rehabilitation) [練習]

チャーリー・パーカーの難曲、"Donna Lee" (ドナ・リー) をテーマだけ弾いています(TAB譜あります)。

※TAB譜 http://bicha.cocolog-nifty.com/violonista/2019/05/post-28535f.html

テンポは、かなり遅いです (^_^;)

左手の運指、右手のフィンガリングのエクササイズです。




nice!(0)  コメント(0) 

アコースティック・ギター・マガジン 2019年12月号 [BOOK]

アコースティック・ギター・マガジンの最新号が出ましたね!

【2019年12月号 Vol.82】です。

表紙は……おおはた雄一さん……って……(誰?)


(CD付き) アコースティック・ギター・マガジン (ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE) 2019年12月号 Vol.82

◆PLAYING KNOW HOW 1 アコースティック・ギター伴奏のアイディア feat.ピクリプ(河野文彦&フクムラサトシ) (13ページ/WEB連動) アコギを使ってカッコイイ伴奏をしたい! そんな方への奏法ノウハウ企画。マヌーシュ・ジャズでのソロ活動の他、久住昌之&スクリーントーンズやピクリプなど、さまざまなユニットや、アーティストのサポートを行なっている河野文彦に、アコースティック・ギターでの伴奏のアイディアを伝授してもらう。フクムラサトシ(sax)とのユニット、ピクリプでの模範演奏と動画と連動してお届けする(『孤独のグルメ』主題歌の「Stay Alone」含む)。 ◆PLAYING KNOW HOW 2 『フィンガースタイル・ギターの全知識』 の美味しいところちょっとだけ見せます! feat.岡崎倫典(8ページ/CD連動)

『フィンガースタイル・ギターの全知識』(岡崎倫典 著)のダイジェスト版企画など、気になる企画が満載です。
nice!(0)  コメント(0) 

ユーミンの「春よ、来い」をソロギターで弾いてみた [動画]

とある事情からヤマハ「ぷりんと楽譜」で購入した松任谷由実「春よ、来い」の楽譜。

もったいないので? YouTube にアップしました。

久しぶりのアコギでしたので難しかったです (^_^;)

弦もしばらく替えていませんでした。← 音が良くないですね

ご笑覧くださいませ。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -